読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【京都の弁護士グループ】安保法制に異議あり!怒れる女子たちの法律意見書(※男子も可)

怒れる京都の女性弁護士たち(男性弁護士も可)が安保法制の問題点について意見するブログです。

白井和宏さんの講義録「TPP、巨大多国籍企業が支配する日本と世界」のご紹介!

 TPP(環太平洋経済連携協定)は、今回の参議院議員選挙の重要な争点のひとつです。
 でも、TPPによって日本になにが起こるのか、以前は「ウソつかない。TPP断乎反対。ブレない。」と主張していた自民党がTPPを成立させようとしているのは一体なんなのかなど、「いろいろとわかない!」という人も多いのではないでしょうか。そもそも政府は、交渉は秘密だといって(特に都合のわるい)情報を明らかにしませんから、無理もありません。

 そんなあなたに、京都エル・コープ&協同組合運動研究会共催の「はじめの一歩学習会」シリーズの、TPP学習会の講義録のご紹介です(「はじめの一歩学習会」シリーズは、激怒女メンバーも2回分担当させていただきました)。
 講師は市民セクター政策機構専務理事の白井和宏さんです。発行者である協同組合運動研究会さんのご承諾を得て、このblogにも掲載させていただきます。

 「TPPによって一体何が起きるか」について、この講義録を読むだけで理解することができます。ぜひ来週の選挙までにご一読ください!

 

 

以下の画像をクリックすると、PDFファイルで御覧いただけます
f:id:gekidojo:20160702191426p:plain 
***この講義録でわかること***
  • TPPで得をするのは、大規模な輸出入が可能な多国籍企業だけであること
  • 農家も中小企業も衰退・廃業に追い込まれること

  • 食品の安全が破壊されること 
       たとえば、

     ・狂牛病の発症予防のための月齢基準の規制緩和

     ・遺伝子組み換えサケ

     ・米国農務省が推奨している放射線照射

     ・遺伝子組み換え食品の表示義務の廃止要求

     ・食糧不足と食糧価格の上昇

  • 農業以外にほとんど報道されていないけれど、TPPの対象は、工業製品、繊維・衣料品、金融、労働規制、環境規制などとても広いこと

  • 国民主権を一部放棄することになるISD条項のこと

 

以下もあわせて御参照ください!

 ※TPPのISD条項については当会のリーフでも解説しています。

gekidojo-kyoto.hatenablog.com

※はじめの一歩学習会「安保法制の問題点」(当会メンバー担当)

gekidojo-kyoto.hatenablog.com

※はじめの一歩学習会「選挙の重要性」(当会メンバー担当)

gekidojo-kyoto.hatenablog.com