読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【京都の弁護士グループ】安保法制に異議あり!怒れる女子たちの法律意見書(※男子も可)

怒れる京都の女性弁護士たち(男性弁護士も可)が安保法制の問題点について意見するブログです。

安保法廃止を求める日弁連の請願署名にご協力ください!

ご挨拶・活動紹介

日本弁護士連合会では,今国会において憲法違反の安保法の廃止を求める請願をとりまとめるべく,請願署名活動を開始しました。
今回の請願内容は以下のとおりです。

 

 衆議院は2015年7月16日、参議院は同年9月19日平和安全法制整備法及び国際平和支援法(以下併せて「安保法」という。)の採決を強行しました。政府は2014年7月1日憲法解釈の変更による集団的自衛権行使の容認後方支援の拡大海外での武器使用の拡大等を内容とする閣議決定を行いましたが安保法はこの閣議決定を受け国会に提出・審議され採決にいたったものです。

 安保法の内容は日本が武力攻撃を受けていないにもかかわらず他国に対する武力を認める集団的自衛権の行使を認めたことに加え後方支援や武器使用の拡大等により自衛隊が海外において武力の行使に至る危険性を高めるものとなっています。これらの点で安保法は憲法9条に違反しており憲法に拘束される政府が閣議によりこの法案を決定したこと同じく憲法に拘束される国会議員により構成された国会が立法化したことはいずれも立憲主義に根本から違反します。

 そこで衆議院及び参議院に対しては安保法を廃止することを内閣に対しては本閣議決定を速やかに撤回し安保法の適用・運用を行わないことを強く求めます。

 

請願署名については,昨年国会の際にもご協力をお願いしたところですが,前回とは別の請願となりますので,今回もぜひご協力いただければ幸いです。

詳しくはこちらをご覧ください(署名用紙もこちらにあります)↓

 日本弁護士連合会│Japan Federation of Bar Associations:憲法違反の安保法の適用・運用に反対し、その廃止を強く求める請願署名のお願い 

 

なお,この請願署名は憲法15条に基づく「請願権」の行使です。詳しくはぜひ昨年のご協力依頼の記事をご参照くださいね。

gekidojo-kyoto.hatenablog.com

 

                    (弁護士 古家野晶子)