読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【京都の弁護士グループ】安保法制に異議あり!怒れる女子たちの法律意見書(※男子も可)

怒れる京都の女性弁護士たち(男性弁護士も可)が安保法制の問題点について意見するブログです。

近未来ミニ小説「あしたの世界」第4話 戦地への出張

近未来ミニ小説「あしたの世界」

 「えっ、うそでしょ?何で会社員のあなたが『戦地』へ行くの!」

妻が言う。そりゃそうだ、僕だって最初は耳を疑った。でも本当の話。

「戦地っていうか、『海外出張』なんだって・・・」

苦し紛れに僕は言う。

続きを読む

【イベント】6/18(土)「現代イスラームと国際社会」(講師:小杉泰教授、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)のご案内

イベント紹介

 昨日に引き続き、京都大学教授による講演のご案内です。

 

■題名 現代イスラームと国際社会
      ~イスラーム法の発想を読み解く~

■日時 2016年(平成28年)6月18日(土)
     開場14:00~
     開会14:30(~16:30)

■場所 京都テルサ 中会議室
      京都市南区東九条下殿田町70番地
      京都府民総合交流プラザ     

      京都テルサ [アクセス]

■講師 小杉 泰 教授
      京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科

■参加費:無料 予約不要

■主催:自由人権協会京都
    堀法律事務所内 京都市中京区富小路通丸太町下ル 富友ビル3階
    電話 075-241-1092

■ご案内

続きを読む

【イベント】6/9(木)”自民党改憲草案”を読む-いかなる「立憲主義」なのか?-&6/30(木)「ひとはなぜ戦争をするのか」の人間学-平和をいかに構想するか?-@京都大学人文科学研究所

イベント紹介

 京都大学で、たいへん興味深いセミナーが開催されています!

 京都大学人文科学研究所及び自由と平和のための京大有志の会が主催される連続セミナー「2016年の論点-いま、私たちが考えるべきこと」です。

 全3回のうち、第1回(加藤千洋同志社大学教授のご講演)は終わってしまいましたが、あと2回はこれからです。

 

 第2回目は、6月9日(木)午後6時半から、山室信一同研究所教授による『”自民党改憲草案”を読む-いかなる「立憲主義」なのか?-』です。

 山室信一教授は、衆議院法制局参事を経て、研究者になられ、京都大学人文科学研究所の所長もつとめられた、著名な歴史学者・政治学者です。毎日出版文化賞、吉野作造賞、司馬遼太郎賞等、多数の受賞歴がおありです。朝日新聞に連載された連載インタビュー記事「人生の贈り物」で山室ファンになった方も多いことでしょう。ご専門の近代日本政治史、近代法制思想史から見た、現在の日本の状況や自民党の改憲草案について、深い洞察をご教示いただけることでしょう。

 

 第3回目は、6月30日(木)午後6時半から、立木康介同研究所准教授と田中祐理子同研究所助教による『「ひとはなぜ戦争をするのか」の人間学-平和をいかに構想するか?-』

 立木康介准教授は、フランス政府給費留学を経て、パリ大学で博士号を取得された、精神分析学、精神分析との関連で見た20世紀思想、フランス現代思想の専門家です。フロイトやラカン等、「難解」な精神分析の学者や論文を、平易に解説してくださるご著書に触れた方も多いことでしょう。田中祐理子助教は、生物学と医学的要請との関係、生命諸科学の思想史等がご専門です。

 おふたりのお話は、異なる角度から、人間の深い分析に立って、なぜ人間は戦争をするのか、戦争を回避し平和を構築するために、私たちは、なにを考えなければならないかについて、貴重なヒントを与えてくださることでしょう。

   

 会場はいずれも京都大学人文科学研究所本館(百万遍交差点を東)4階大会議室、予約不要、聴講無料です。

 ちなみに、会場付近にある哲学の道などでは、この時期、蛍を見ることができます。観光がてら、学問にも触れてみてはいかがでしょうか?

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

【集会&パレードのお知らせ】「戦争法廃止!安倍内閣退陣! 6.4 京都大行動」のご案内

イベント紹介

 今週末6/4(土)午後2時より、安保法制(戦争法)の廃止をめざす市民アクション@きょうと主催で、京都市円山公園音楽堂で、「戦争法廃止!安倍内閣退陣! 6.4 京都大行動」という集会が行われます!

http://counter-constitutionalamendment.com/index.html

https://www.facebook.com/events/1795525517343432/

 

 5/30現在で、呼びかけ団体は82団体です。もちろん、私たち「激!怒れる女子会@きょうと※男子も可」も賛同団体として参加します。 

 

 集会後は、午後3時より、円山公園音楽堂を出発して京都市役所までパレードをします。

 パレードって・・と不安な方もいらっしゃるかと思います。しかし、パレードに参加することは、日本国憲法によって保障された権利です。

 パレードの参加に興味をお持ちの方、ぜひこちらの記事をご覧ください。

 

gekidojo-kyoto.hatenablog.com

 

 それでもまだ不安が・・という方もいらっしゃると思います。そのときは、私たち「激!怒れる女子会@きょうと※男子も可」と一緒に行動しませんか?

 私たちは当日、円山公園音楽堂で、いちご模様のピンクののぼりを挙げています。「怒れる女子会@きょうと※男子も可」と書かれた横断幕も持っていきます。これらを目印にぜひお声がけください。

 

 今週末6/4(土)午後2時、円山音楽堂で皆さまとお会いできることを楽しみにしています!

 

ウェブ学習会 「安保法廃止に至る現実的なルートは何か」(下) ~選挙ルートを現実的ルートとするために

ウェブ学習会

本連載の(上)と(中)のおさらい

 (上)では、裁判所による安保法の違憲判決を待っていても、その期待に裁判所が応えてくれるか分からないことを、(中)では、安保法反対の世論を拡げて選挙で安保法反対派議員を多数にしたくても、安保法反対の根拠となる情報自体が報じられにくいメディアの現状を見てきました。

ウェブ学習会「安保法廃止に至る現実的なルートは何か」(上)~裁判所による違憲判決の可能性 - 安保法制に異議あり!怒れる女子たちの法律意見書(※男子も可)

ウェブ学習会「安保法廃止に至る現実的なルートは何か」(中)~選挙による安保法反対派当選の可能性 - 安保法制に異議あり!怒れる女子たちの法律意見書(※男子も可)

 そこで本連載最終回の今回は、このような現状を乗り越えるすべがあるかについて考えてみましょう。

 

続きを読む

【イベント】6/5(日)「木村草太さんが語る日本国憲法」~安保法制のこと、改憲のこと~

イベント紹介

 今年3月末まで「報道ステーション」でコメンテーターでいらっしゃった首都大学東京教授の木村草太さん(専門:憲法学)が、6月5日(日)13時半より、龍谷大学深草キャンパスで「立憲主義と日本国憲法の課題」という講演をされるそうです。
 質疑応答もあるようですので、日頃疑問に感じていることを憲法の専門家に聞くことができるいい機会になると思います。

 保育もあるようですので、子育て世代にとってはありがたいですね。

 詳細は下記をご覧ください。

「木村草太さんが語る日本国憲法」~安保法制のこと、改憲のこと~

 

 

【明日5/28開催!】「憲法がなくなる!伊藤真さんが語る緊急事態条項の恐怖」のご案内

イベント紹介

 先日ご紹介しました京都弁護士会主催、日本弁護士連合会共催の伊藤真弁護士による講演「憲法がなくなる!伊藤真さんが語る緊急事態条項の恐怖」が、ついに明日に迫りました!

 

日時  2016年5月28日(土)  開演:午後6時30分(開場:午後6時00分)

場所  京都弁護士会館  地階大ホール(京都市中京区富小路通丸太町下る)

入場無料、申込不要

お問い合せ  TEL:075-231-2337 (京都弁護士会)

皆様のご来場をお待ちしております。

f:id:gekidojo:20160509161557j:plain

 

【イベント】5/29(日)山尾志桜里議員&SEALDs奥田愛基さんが京都にいらっしゃいます!

イベント紹介

 「保育園落ちた日本死ね」というブログを国会で紹介し待機児童問題を追及した山尾志桜里衆議院議員と、安保法制に反対する学生団体SEALDsのメンバー奥田愛基さんが、5/29(日)午後6時からウェスティン都ホテル京都で講演をされるようです。

 待機児童問題と安保法制問題、ママ世代にとって気になる2つの話題を一度に聞けるいい機会になりそうですね。

 詳しくは、下記サイトをご覧ください。

www.fukuyama.gr.jp

【イベント】6/3(金)小林節先生が京都にいらっしゃいます!

イベント紹介

昨年6月4日の衆議院憲法審査会において、安保法制を憲法違反であると述べ、先日、政治団体「国民怒りの声」を立ち上げられた小林節慶応大学名誉教授が、京都で講演をされることになりました!大河原としたか弁護士とのトークセッションもあります。

2016年6月3日(金) 18時00分開場・18時30分開演

会場:KBSホール(入場無料、事前申込み不要)

京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町600番地の1 (通称:京都市上京区烏丸上長者町)

市営地下鉄 烏丸線
 「丸太町駅」2番出口左手 徒歩8分
 「今出川駅」6番出口右手 徒歩8分

※ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

f:id:gekidojo:20160524153508j:plain

 お問い合わせは、京都第一法律事務所(TEL:075-211-4411)まで。

 

ウェブ学習会「安保法廃止に至る現実的なルートは何か」(中)~選挙による安保法反対派当選の可能性

ウェブ学習会

 前回では、安保法違憲判決が下される可能性自体はあるものの、それがいつになるか判らず、早期解決を期待しても裏切られるおそれが強いことがわかりました。

ウェブ学習会「安保法廃止に至る現実的なルートは何か」(上)~裁判所による違憲判決の可能性 - 安保法制に異議あり!怒れる女子たちの法律意見書(※男子も可)

 そこで、次は裁判所という他人に下駄を預ける方法ではなく、国民が自ら安保法廃止を実現する方法、つまり選挙による安保法廃止ルートについて考えてみたいと思います。

続きを読む

【電子書籍第2弾】はじめの一歩学習会(2)『選挙の重要性』(講師:谷口和大弁護士)が電子書籍になりました!

ウェブ学習会

今年4月に、生活クラブ京都エル・コープで当会の谷口和大弁護士が講師として「はじめの一歩学習会(2)『選挙の重要性』」を講演しました。

その記録を、同コープの協同組合運動研究会様が電子書籍にまとめていただきました!

同協同組合運動研究会様のご承諾を得て、このblogにも掲載させていただきます。

 

※以下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

f:id:gekidojo:20160601164434j:plain

ぜひ一度ご覧いただき、周囲の皆様にもおすすめください!

【電子書籍第1弾】はじめの一歩学習会(1)『安保法制の問題点』(講師:山下信子弁護士)が電子書籍になりました!

ウェブ学習会

 今年3月に生活クラブ京都エル・コープで行われた、当会の山下信子弁護士を講師とする「はじめの一歩学習会『安保法制』」を、リアル・ウェブ学習会 実況版「安保法制」として、これまで3回にわたってお伝えしてきました。

 

このたび、生活クラブ京都エル・コープ協同組合運動研究会さんがこの学習会の講義録を、電子書籍にまとめられました。協同組合運動研究会さんのご承諾を得て、このblogにも掲載させていただきます。

 

ぜひ一度ご覧いただき、周囲の皆様にもおすすめください!
リアル・ウェブ学習会を3回までご覧いただいた方は、電子書籍の18頁4.からが続きとなります。 

 

※以下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。 

f:id:gekidojo:20160601164232j:plain

 

 

 

ウェブ学習会「安保法廃止に至る現実的なルートは何か」(上)~裁判所による違憲判決の可能性

ウェブ学習会

安保法廃止に至る現実的なルートを考える

 平成27年9月19日にいわゆる安保法案が可決され、11の安保関連法が成立しました。

 しかし、平成27年6月4日の憲法審査会における憲法学者の安保法案違憲発言に言及するまでもなく、安保法は違憲の疑いが極めて強いものです。
 そこで、これらの違憲立法に反対する立場からは、どのようなルートでアプローチすることが安保法廃止に最も近いのかを考える必要があります。

 この点に関してそもそも、なぜ違憲な法律が成立し、執行されてしまうのかについては、安保法案可決前の時期に本ブログでも一度触れました。

止められるのは今しかない!?~憲法違反の安保関連法案が成立した場合の法的効力~ - 安保法制に異議あり!怒れる女子たちの法律意見書(※男子も可)

 

  今回は上記の記事をもう少し深掘りしてみましょう。

続きを読む

民間人に対する強制措置が整備された理由〜リアル・ウェブ学習会 実況版(その3)

ウェブ学習会

【1】おさらい~安保法制は調達、動員を行うために設計された法律群。

リアル・ウェブ学習会実況版(その2)では、安保法制は民間人から見たとき日本が武力攻撃された時に「国民を保護」していくための法体系ではなく、米軍に追随して自衛隊が防衛出動する際に日本の施設や物資をどういうふうに調達し、民間人をどう動員していくかの設計をした法律群であるということをしっかり見ていく必要がある、ということをお話ししました。

  
この法律群が実際にどう機能するかを超要約すると、次のようなフローチャートで説明できます。 

続きを読む

【イベント】「憲法がなくなる! 伊藤真さんが語る緊急事態条項の恐怖」5月28日土曜日午後6:30~ @京都弁護士会地下大ホール

イベント紹介

 司法試験塾のカリスマ講師であり、憲法の伝道師と言われる、伊藤真弁護士が、京都にやってきます。

 大規模自然災害を口実に、「国家緊急権」=緊急事態条項を、憲法改正の手始めにしていこうという動きが出ている中、伊藤真弁護士の、明快な語り口は、緊急事態条項の必要性の議論が突っ込みどころ満載であること、その危険性について、あなたの疑問にすっきり答えてくれることでしょう。

 夜の講演会ですが、託児所もあります(5月13日(金)までに要予約)。ママ友で誘い合って、あるいは、ご夫婦で、大学生、高校生の方もぜひ、京都弁護士会(京都御所の向かいです)に、お出かけ下さい。 

続きを読む